高麗人参とは

ストレスとホルモンと高麗人参

幅広い効果効能で知られる高麗人参は昔から中国、朝鮮、日本などをはじめとした国や地域で薬用植物として人の健康をサポートする食品として役立てられてきました。

「なんだか最近疲れがぬけない」、「食欲がない」などの慢性疲労は現代病ともいえる病でもあります。疲労を引きずったまま生活を維持していくことは身体に大きな負担を強い入り大きな疾患へと繫がる危険もあります。

そのため、疲労は溜めずにきちんと解消していくことが大切ですが、なかなか長期休暇やリフレッシュ休暇等忙しい現代人にとって難しいことでもあります。

高麗人参に含まれているサポニンには人のストレスホルモンに働きかけコンチゾールというストレスホルモンの物質の分泌を抑制する効果があります。またこのストレスホルモンは記憶を司る海馬を萎縮させ血行不良などを引き起こす原因ともなります。

高麗人参にはイライラを抑制し自律神経を整えストレスを鎮める鎮静薬として効果を有しています。また高麗人参がもつ有効的な作用で健康的な心や体質を取り戻し適度な一定のストレスを保ち快適な生活を送ることが期待されています。

しかし高麗人参は健康食品なので強い即効性などはありません。そのため毎日服用し続けていくことが大切なポイントとなります。

↑ PAGE TOP